株式会社N&H

LINE 電話

NEWS お知らせ

こころ整骨院|兵庫県伊丹市

こむら返り、足がつる 伊丹 荒牧 北野 荻野 鴻池

新着情報

寝ている時に急に足に激痛が……!!

夏の時期や寝ている時は、「こむら返り」が起こりやすいといわれている。しかし、いったいなぜ……?

足がつるというのは、自分の意思とは関係なく筋肉が突然収縮して、けいれんを起こす状態を指します。ふくらはぎは、特につることが多い場所です。

では、実際にこむら返りが起こった場合は、どのように対処すれば良いのだろうか?
「まず、つま先を掴み、足の裏とふくらはぎの後ろの筋肉を伸ばしましょう。反動をつけて、無理に伸ばすと肉離れになってしまう場合もあるので、優しくゆっくりと伸ばすのがポイントです。足首から膝の裏に向かってさすったり、膝の裏を揉んだりして、血行を良くするのも効果的です」
こむら返りの主な原因は疲労だという。特にふくらはぎは力を入れた状態が長いため、十分にほぐしてあげることが大切だとか。風呂あがりで、体がリラックスしている時に行うと◎。また、暑いからといって、シャワーだけで済ますのはNG。夏場は冷房に当たることが多いため、思った以上に体が冷えている。風呂にゆっくりつかり、血の巡りをよくすることを心がけましょう!
「夏の時期でいうと、汗をかくことで電解質のバランスが崩れることも、こむら返りの原因の1つです。電解質はミネラルともいわれ、主にカルシウム・マグネシウム・カリウムなど。ミネラルの役割の1つは筋肉の動きを良くしたり、筋肉を動かす神経の働きを調節したりすることなのですが、バランスが崩れると筋肉の調整機能が落ちてしまうんですね」
電解質不足は兆候がないので、汗をかいたらこまめに水分補給をしよう。その際、スポーツドリンクなど吸水性が良いものを取り入れると、なお良し。夜中に足がつりやすい人は、寝る前に飲むのも効果的だ。しかし、飲み過ぎると夜中にトイレに起きたりして、疲れがとれなくなってしまうので飲みすぎには要注意。とにかく足を使ったと実感した場合はストレッチなどを意識的に行い、そしてスポーツドリンクなどで水分と共に塩分やミネラルの摂取も忘れないようにしたい。
以上をまとめるとこむら返りの対策は、「疲労回復」、「冷え解消」、「電解質の摂取」にある。ただ、これらを行っても多発する場合は、別の病気が潜んでいることがあるので注意しましょう!
少しでも気にになる方は是非一度ご来院ください。

他のお知らせ NEWS

もっとみる
お知らせ
2017/12/19

足がつる 伊丹 北野 荒牧 鴻池 整骨院

お知らせ
2018/06/12

内臓疾患と頭痛 伊丹 荒牧 北野 鴻池 荻野

お知らせ
2017/12/08

首が痛い 首の痛み 伊丹市 北野 荒牧 鴻池 荻野 整骨院

お知らせ
2018/09/03

ストレートネック 伊丹 荻野 鴻池 北野 荒牧