2020/09/18
めまいってなに?どうすればいいの?取れないめまいならこころ鍼灸整骨院へ!

皆さんこんにちは!

こころ鍼灸整骨院の院長の眞嶋です!

当院は伊丹市北野にあり先日4月に9周年を迎えました!

これからも地域の皆様の健康に少しでもお役に立てれるように地域密着、地域貢献頑張っていきますので今後ともこころ鍼灸整骨院をよろしくお願い致します!

今回は『めまい』についてお話ししようと思います。

めまいは女性の方が多い疾患ですが、男性にも見られる症状です。

めまいとは?

めまいに悩んでいる人は、皆さんの周りを見渡しても何人かはおられると思います、心筋梗塞や脳卒中になる人よりも多いといわれています

患者さんがこれほど多いのになぜか病院では特に原因がなければ経過観察を行い積極的な治療に移ることがほとんどないと思います。

それもそのはず実はめまいの治療薬は、1974年に登場して以降は、新薬が出ていません。

患者さんにとって深刻でうっとうしい症状ですが、耳鼻科では「特に問題ないですね」といわれる場合が多く、「なんとかしたい」と様々な病院を転々とする人が少なくありません。当院にもそういった方からのお問い合わせもあります。

実は、めまいはさまざまな原因で起こるものであり、耳鼻科だけですべてが解決するような病気ではないのです。

筋肉の緊張やストレスなど様々な原因で起こるものなので、なかなか治らないからと諦めてしまわずに是非一度ご相談いただければと思います!

めまいの種類

立ちくらみ(眼前暗黒感)

立ち上がった瞬間にクラクラッとしたり、長く立っていて目の前が暗くなるような感じのことをいいます。

上体を起こしたり、立ち上がったりすると、血圧が極度に低下することがあります(起立性低血圧や体位性低血圧と呼ばれます)。立ち上がると(特にベッドで寝ていた後や長時間にわたって座っていた後に)数秒間から数分間にわたって気が遠くなる、ふらつき、めまい、混乱、かすみ目などの症状が起こり、横になるとそれらの症状は速やかに消失するのが特徴です。

子供には時々みられます。(起立性調節障害)

また、普段、低血圧ぎみの人もなりやすいです。

最も注意しなければならないのは、脳動脈硬化症高血圧症のある人です。

上記のような症状を持つ方が急に血圧が下がると脳梗塞をおこす危険があります。

回転性めまい

しばしば「目が回る」「天井がグルグル回る」などと表現されるめまいで、内耳と視覚と筋肉からなる、身体のバランスを保つ機能(平衡機能)の異常により起こります。耳の病気や脳の病気が原因と考えられます。

例えば、代表的なものにメニエール病があります。めまいのほかに耳鳴り、難聴などの症状が現れます。また、突発性難聴の場合も、めまいや吐き気といった症状が多くみられます

動揺性まい

頭やからだがグラグラ揺れている感じや、フラフラするようなもの言います。

また、実際に歩くとふらつく感じがある場合もあります。

回転性めまいを起こす病気も次第にこのような症状になることがあります。

平衡器官(内耳等)がある程度広い範囲でおかされたときに多いようです。

歩いてフラフラする時には、小脳の病気のこともあります。

浮動性めまい

身体が宙に浮いてるような、ふわふわとした感じがするめまいのことです。

正しい姿勢を保ったり、まっすぐ歩くことが困難になりますが、症状は軽くすぐ治る場合が多いです。

貧血や低血圧、自律神経の不調が原因とされていますから、これら基礎疾患を治療することで症状はずいぶん抑えられます。

その他

上記のめまい感のほかに、実際にはめまいとは言いませんがいろいろな症状があります。

・頭がボーッとしたり、からだの力が抜けたような感じ。

・寝ていて頭や体が沈んでいくような感じ。

・頭がフワーッとして、気が遠くなるような感じ。

・目の前がチカチカ、チラチラする 等々。

<めまいに対しての治療とは?>

めまいの治療の大原則は体の体質の改善です。

現代社会ではお仕事や日常生活でお体にはさまざまな負担がかかっています。

人間関係や仕事でのストレス、身体的な疲労などなど、、、

人はそのさまざまな負担に対して抵抗力を持っていますが、人によってその抵抗力には差があります!

さらにその抵抗力はストレスや疲労度によってどんどん弱って行ってしまうのです!!

抵抗力や体のバランスが崩れてしまうと、その分めまいはもちろんさまざまな症状が出てきてしまうのです。

特に今年に入ってからコロナウイルスのこともありご自身でも感じてないようなストレスが体や心に溜まっている方が多いと思います。

その弱った抵抗力やお体のバランスを整えることができる治療法が『鍼治療』なのです!

<鍼治療とは?>

皆さんは鍼治療にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

「痛そう」「怖い」

など、聞いたことはあるがあまりよくわからないと言った声をよく聞きます。さらには注射針をイメージして痛いや怖いという印象をお持ちの方もおられると思います。

ところが、当院で鍼治療を受けていただいた方がよく言われるのが、

「全然痛くなかった!」「スッキリした!」「症状が軽くなった!」

などと、とても好印象を持たれる方がほとんどです。

その理由として当院が使用する鍼(はり)は、髪の毛程度の細さのものを使用しておりますので、ほとんど痛みを感じることなく治療を受けていただくことが可能です。

もちろん、鍼自体は滅菌封入されたものを使い捨てで使用していますので衛生面もご安心くださいませ。

<鍼治療のメカニズム>

鍼治療は、皮膚から体内に鍼(はり)を入れ症状の原因になっている筋肉や、症状に適したツボに刺激を加えることで人が元々持っている自分自身で治そうとする力『自然治癒力』を高めることが出来る治療法です!!

血行が悪い→血行を良く

筋肉が硬い→筋肉を柔らかく

自律神経の乱れ→整える

など様々な良い効果を引き出してくれます。

さらに東洋医学などで用いる経穴(ツボ)に刺激を加えることで、その経穴(ツボ)に応じた様々な効果を発現することが鍼治療の一番のメリットです!

<東洋医学からみためまいのタイプ>

西洋医学では、めまいはメニエールや高血圧症、脳血管障害、貧血、自律神経の失調、目の疾患などさまざまな原因で起こるとされていますが、東洋医学ではめまいの原因は、主に水が、たまったり偏った「水の滞り」と考えられ、タイプによっては気や血などの異常ととらえられるものがあります。

痰濁(たんだく)タイプ

飲食の不摂生や疲労などにより脾胃の機能が失調してしまうことで起こるタイプです。

肝陽亢進(かんようこうしん)タイプ

怒りやストレスなどにより肝の機能が失調してしまうことで起こるタイプです。

気血(心脾)両虚(きけつりょうきょ)タイプ

疲労などで血の生成が不足してしまうと起こるタイプ。

女性では生理や不正出血などで血液が不足したときにも起こる。

腎虚(じんきょ)タイプ

腎に蓄えられている生まれ持っての元気の源が、さまざまなストレスにより不足してしまうことで起こるタイプです。

鍼灸師は、あなたのお体が現在どうなっていて今の症状が出てしまっているのかを把握し、

経穴(ツボ)には体のバランスを整えたり、ツボに応じた治療効果を発現したりと様々な役割があります!

問診・脈(みゃく)診・腹(ふく)診・舌(ぜつ)診などを用いて、現在のお身体のバランスがどのように崩れてしまっているのかを把握し、鍼でツボに刺激を入れていきます。

なので、鍼治療を用いることでめまいに対しても治療効果をもたらすことが可能なのです!

今まではめまいはほっとくしかない、何もできないというイメージを持っておられる方が多かったと思います。

ですが上記のような治療により当院、こころ鍼灸整骨院でもめまいの治療は可能です。

私たちは今現在の症状が何故起こってしまったのかを考え、ゆくゆくは日常生活で不自由なく過ごせれるように、今後も辛い症状に悩まなくてもいい体作り「体質改善」を目指していきたいと考えております!!

是非一度ご連絡お待ちしておりますね!!

こころ鍼灸整骨院

兵庫県伊丹市北野1-78-2

電話 072-782-8873

当院では予約優先制を実施しておりますので、是非お電話をお待ちしております!!!