2018/05/12
腰痛 伊丹市 北野 荒牧 荻野 鴻池

なぜ腰痛がでるのか?
筋肉のバランスが崩れ、背骨を正しく支え辛くなってしまいます。この結果、背骨や骨盤が歪んでしまい、さらに悪化させてしまう悪循環が起こります。
腰痛は「腰」だけはなく「背骨」の歪みが原因と言われており、背骨から 腰にかけた自然な湾曲部分にかかった負担が、そのまま「重み」となって 腰にかかる事が原因といわれます。
その他にも原因はさまざまです。
例えば、足を組む、ただデスクワークをしているだけでも腰に歪みができ、やがて原因となります。
この様な負担は日常生活の何気ない動作で「腰痛」「ぎっくり腰(急性腰痛)」を引き起こす事もあるので要注意です。
[主な原因]
・寝起きに身体を動かす時
・重いモノを持つ時
・かがむ
腰痛・ぎっくり腰の治療方法
治療には「腰」と「背骨」の矯正を行いながらズレを治していきます。
「ぎっくり腰(急性腰痛)」の場合ですと椎間板ヘルニアや坐骨神経痛にもなるおそれもありますので、無理をせずに治療に専念しましょう。
身体の中心となる「腰」、「背骨」を丁寧に施術しながら、ズレた骨格を本来の位置に無理なく戻していきます。
また腰痛に対しては「手技・鍼灸」のほか「骨盤矯正」やEMS等も効果的な治療を致します。
腰痛・ぎっくり腰はきちんとした治療を受ければ長続きはすることはあまりありませんのでじっくりと治していきましょう。