2018/04/13
骨盤の歪み 伊丹市 北野 荒牧 鴻池 荻野

実は骨盤が歪んでいるかも?

まず始めに、骨盤が歪んでしまうのは日常生活が大きく関係しています。例えば、日頃からの姿勢や癖、外反母趾や出産まで多くの要素で骨盤は歪みます。
ただ、多くの方は骨盤が歪んでいても「私は大丈夫」と気づいていません。そこで自分でできる骨盤の歪みチェック法をご紹介していきます。

まずは両足の開き具合からチェックしていきましょう!
力を抜いた状態で、長座の姿勢になります。この時に両つま先が同じ角度かチェックしてみましょう。基本的には足が「V」字になります。どちらかの足が開きすぎたり、閉じすぎたりしていれば、そちら側の骨盤の歪みが考えられます。

次に左右の肩の高さも大事な歪みチェックの1つです。
鏡などで自分の姿勢を確認しましょう。左右の肩の高さがそろっていない場合は左右どちらかの骨盤が歪んで上下している可能性があります。
肩や首、肩甲骨の内側部に痛みやだるさなどの症状がある場合でも実は原因が骨盤の歪みからきている事も凄く多いです。

次は片足立ちのチェック
15秒間片足立ちを行ってみましょう。どちらかの足で15秒間静止できなかったり、静止できたとしても左右の足でやりやすさが異なったりした場合は、姿勢を保ちにくい側の骨盤が歪んでいる可能性があります。このように骨盤が歪んでしまうと、片足立ちになったときにバランスがとれなくなり、うまく筋肉を使って支えることができなくなったりしてしまいます。

当院では姿勢をチェックし患者様にわかりやすいよう写真を撮らせて頂いてから説明させていただきます。

少しでも思い当たる節がある方は是非1度、相談だけでも構いませんのでご来院ください!