2021/02/23
腰が痛い、だるい、治らないからとほったらかしにしてませんか?ギックリ腰やヘルニアの予兆かも!?

こんにちは!

兵庫県伊丹市北野にあるこころ鍼灸整骨院の眞嶋です!

本日は腰痛についてお話ししようと思います!

目次

腰痛はなぜ起きるのか?

なぜ、バランスが崩れてしまうのか

腰痛をほったらかしにするとどうなってしまうのか?

当院の治療とは?

腰痛はなぜ起きるのか?

腰痛の原因自体は様々な要因があるとされていますが腰痛のある方に見られる原因はほとんどが姿勢や体のバランスの歪みが出ている方がほとんどです。

もともと、四足歩行であった人類が立ち上がるようになったためもともと構造的に負担がかかりやすいものだったのが

身体のバランスが崩れることにより腰回りの骨や筋肉、関節に過剰な負担や偏った負担がかかることにより最初は違和感やだるさから放置し続けると痛みに変わり結果腰痛となってしまう方が多いです。

そのほかにも、足回りの筋肉がかたくなり足首の関節、膝関節、股関節の動きが悪くなり運動時や歩行時などにかかる地面からの衝撃をうまく緩和できず腰に負担がかかる方や

下肢の柔軟性が悪くなることにより骨盤自体が前後方向に筋肉により引っ張られ過度に傾いてしまうことにより腰がバランスを取ろうとして正常な状態からバランスが崩れてしまい痛みに変わってしまう方もおられます。

なぜ、バランスが崩れてしまうのか

要因としては普段の私生活上の癖や普段の姿勢が悪くなってしまうことによりバランスが崩れてしまうのですが

最も大きな要因が筋力の低下です。

若い時と同じ仕事同じことをしても歳を重ねるにつれて腰、骨盤を支えるインナーマッスルが弱くなっていきやすいのです。

腰の前側に内臓がありそれを覆うようにインナーマッスルがあり、それが低下することにより腹圧が下がり腰や骨盤を支える力が弱くなってしまい腰や骨盤のバランスが崩れてしまいます。

特に、歳をとってきてからお腹が出てきたそんな方は注意が必要です。

お腹が出てきてしまうのは内臓を支えきれなくなり前へと出てしまうのです。

だから、コルセットを巻いて腹圧を高めることにより腰が安定してコルセットを付けると楽になるのですが

つけ続けると筋肉自体がサボってしまうことにより一層の筋力低下を招き、コルセットをつけないと動けなくなってしまうこともありますのでつけすぎには要注意です!

また、産後の女性はホルモンの作用で関節が緩み歪みやすくなり、妊娠中お腹の筋肉が引き伸ばされていてより、腰痛のリスクが高くなり、痛くなるとひどくなってしまう傾向にあります

産後の歪みについてはこちら

産後の骨盤矯正

腰痛をほったらかすとどうなるか?

ほっておくことにより、常に腰の筋肉や骨、関節に常に負担がかかり続けてると言えます。

まず、ギックリ腰になるリスクが上がります。

ギックリ腰になる方は慢性腰痛を持っていることが多く

普段から負担がかかり続けている中で何かの拍子をきっかけに骨や関節、筋肉に急激な炎症が起きてしまい立ったり座ったりなど動かすことが困難になってしまいます。

それが、ギックリ腰です。

そのきっかけは、ふと荷物を持ったりした時だけでなく、咳やくしゃみでも発生することがあります!

さらにほっておくと、ヘルニアや脊柱管狭窄症といったものに移行していく恐れがあります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは背骨の間のクッションである椎間板が脊髄の方へと飛び出してしまい

脊髄が圧迫され、足に痺れや力の入りにくさ、痛みとして症状が出てきます。

その中でも、坐骨神経が圧迫されると坐骨神経痛と呼ばれ、坐骨神経痛もヘルニアで起こる症状の1つです。

起こる原因は姿勢や骨盤の歪みから骨に対して偏った負担がかかり続け椎間板に負担がかかりすぎてしまうことが原因です。

また、急な衝撃や激しい運動でも椎間板が潰れ飛び出てしまうこともあります、

腰痛だけでなく、足の方に痺れや違和感、痛みが併発して起きる場合ヘルニアが疑われます。

最悪歩けないほどの症状が出てしまうと手術になってしまうこともあります。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは筋に負担がかかったり関節に過負荷がかかりすぎることにより

背骨にある神経の通り道が狭くなり神経症状が起きてしまうものです

こちらもヘルニアと同じく坐骨神経が傷害されると坐骨神経痛と呼ばれる症状が出ることもあります。

この疾患は筋力低下による体の歪みと骨の変形によって引き起こされることが多く

歩くと歩けなくなってしまう間欠性跛行と呼ばれる症状が特徴的で休憩をすると歩けるようになり

また、歩いていると歩けなくなってしまうといった症状が出ます。

歩き出しは大丈夫でも歩くにつれ歪みがきつくなり、その結果隙間が狭くなり神経が圧迫されて歩けなるが休憩して隙間が開くとまた歩けるようになります。

これは、筋肉が体を支えれていないのと骨に負担がかかり続け変形が伴うからこそ起きてきてしまう症状です。

ほってほくことによりこれらになりやすくなるリスクが上がってしまいますので

ただの腰痛だからとほったらかしにせずに

一人一人腰痛の原因を見極め治療していくことが大切です。

これら以外にも、腰痛と思いきや尿路結石だったり、腎疾患であったりなど思いがけぬ病気が潜んでいるケースもありますので要注意です!

当院での治療は?

当院では必ず腰痛の原因となるものを究明して、一人一人にあった治療を致します!

まず、問診により詳しく症状を聞き取り運動動作の確認、インナーマッスルのチェック、ヘルニアや脊柱管狭窄症の疑いがあれば腱反射のテストなど症状により、行わせていただき

姿勢や体のバランスのチェックと合わせて治療を行います。

急性症状が強く出ていて日常生活に著しく支障があればまず、早く日常生活に復帰できるよう鍼治療などで早く症状が取れるようにしたり

姿勢の歪みやバランスの乱れに対しては当院自慢の痛みのない骨格矯正治療を行います。

当院の骨格矯正はご自身の体重を利用しての施術でお子様から年配の方まで幅広くの方に施術可能な安全なものになってます。

当院では80代の方への治療実績もありますので非常に従来の骨格矯正に比べ安全性と効果の高いものになっています。

また、上記にも記載したようにインナーマッスルが低下しているケースが多いのでそういった方には最新のEMSを利用してピンポイントで弱っている筋肉へのアプローチを行います。

筋トレと言えば体を動かすイメージがあると思いますが

腰痛がある方の場合周囲の筋トレを行う場合動かすことにより痛みが悪化したり、関節に負担がかかり症状が取れるまでに時間がかかってしまうことがあるので当院では治療と並行してのトレーニングができるよう

EMSを活用して治療を行います!

症状によりどれくらいで良くなるかは変わってきますが

ほとんどの方はいい変化がでてますので

慢性で治らなかいからと諦めずに是非当院にご相談ください!

もちろん当院はコロナウイルス対策も行っておりますのでご安心ください!

当院のコロナウイルス対策

上記をクリックでご確認いただけます。

こころ鍼灸整骨院

伊丹市北野1-78-2

電話 072-782-8873

下記のリンクor画像クリックでそれぞれのところに飛べるようになっています!

公式LINE(LINEでも予約できます。)

Instagram こころ整骨院の日常や耳寄り情報など載せています。

トップページ当院の情報がご覧いただけます。

Google 当院のクチコミもよろしければお願いいたします!

鍼灸コンパス鍼灸治療の情報