2021/11/29
ビタミンCって何にいいの??

こんにちは!こころ整骨院の鍼灸師 井上です。

前回はアミノ酸についてでしたが、

今回紹介するのは皆さんが一度は必ず耳にしたことがあるであろう成分の

「ビタミンC」についての紹介です!

なんとなく重要なんだろうなということや、野菜をしっかり食べないとダメなのかな〜という様なイメージがあるかもしれないですが、今回はなぜそんな「ビタミンC」が体にとって重要なのか説明していこうと思います!

アミノ酸について

目次

1.ビタミンとは

2.ビタミンC効能

3.1日の摂取量

1.ビタミンとは?

ビタミンは生物の生存・生育に必要な栄養素のうち、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラル以外の栄養素であり、微量ではありますが、生理作用を円滑に行うために必須な有機化合物の総称です。

ほとんどの場合、体内で合成することができないので、主に食料から摂取され、ビタミンが不足するとビタミン欠乏症が生じます。

ビタミンの所要量が定められており、欠乏症を起こさない必要量と、尿中排泄量の飽和値によって見積もられています。

ビタミンはその化学的性質から水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分類されます。ビタミンCは水溶性ビタミンに分類されます。

◯不足するとどうなる?
ビタミンCが不足すると「壊血病」という病気になる可能性が高まります。

これはビタミンCの欠乏によって起こる疾患で、体内のタンパク質を構成するアミノ酸であるヒドロキシプロリンの合成が低下し、組織間をつなぐコラーゲンや象牙質、骨の間充組織の生成と保持に障害を受け、これがさらに微小血管の損傷につながり、出血してしまう疾患です。

2.ビタミンCを飲むとたくさんいい事が!!

さてこのビタミンCですが、しっかり摂取することでたくさんのいい効果があります。
今回はたくさんの効果の中から何点かご紹介しようと思います!

免疫力アップ

ビタミンCは、抗酸化作用と酵素を助ける作用を持つ栄養素です。血液中の白血球の働きも助けます。白血球には体内に侵入した細菌やウイルスなどの病原体を死滅させるはたらきがあり、ビタミンCが豊富だと白血球は能力が高くなると考えられています。

その反対に、ビタミンCが不足していると免疫が低下し風邪をひきやすくなります。実際に、風邪をひいているときは白血球中のビタミンCが減少することが知られています。

特に喫煙者は白血球中のビタミンCが減少しやすいとされています。喫煙者は積極的にビタミンCを摂取すると良いです。
また、鉄の吸収を助けることから妊娠中の貧血予防も期待できるため喫煙者や妊婦はより多くの摂取が必要となります。

ストレスケア

「ストレスとビタミンCにどんな関係があるの?」
と思われる方もいると思いますが、
実は、ストレスに対抗するホルモン「アドレナリン」の合成にはビタミンCが不可欠です。

アドレナリンはストレスがかかったときなどに分泌され、心拍数や血圧を上げることで体を活動しやすい状態にしてくれます。
この時に、ホルモンを作るために普段蓄えられているビタミンCが使われ急激に減り、ホルモンを充分に作ることが出来ずストレスに対抗できなくなってしまいます。

アンチエイジング

ビタミンCは、体内でコラーゲンを合成するときに大きな役割を果たすビタミンです。
コラーゲンは、細胞と細胞の間をつなぐタンパク質で、美容を意識している方には、皮膚や粘膜の健康を維持するものとして知られていますね。コラーゲンが不足すると、肌の弾力やハリ・つやが失われ、たるみの原因になると聞いたことがある方も多いと思います。

美容や健康を意識してコラーゲンを構成するアミノ酸を摂っている方もいらっしゃるかもしれませんが(コラーゲン自体を食べても、消化されてアミノ酸に分解されます)、それをもとに体内でコラーゲンを合成するためにはビタミンCが必須となります。

美白

ビタミンCはメラニン生成を抑制するため、シミ・そばかす対策や美肌・美白に活用されていることもあります。日焼け予防も期待できます!!これも、ビタミンCの抗酸化作用によるものです。

美顔鍼について

3.1日にどれぐらい取ればいい?

1日の摂取量を知っていますか?推奨摂取量は100mgとされています。
ただビタミンCは、喫煙によるニコチンを分解したり、飲酒によるアルコールを無毒化するために優先して使用させれるため、実際には100mg以上の摂取が必要になります。。。

それを効率よく取ろうとすると、レモンを、15分ごとに1個食べなければなりません。それは、とても大変ですよね、、、

◯ビタミンCが多く含まれる食材

果物と野菜がビタミンCの最もすぐれた供給源です。以下のようなさまざまな食品を食べることで、推奨量のビタミンCを摂取することができます。

• 柑橘類(オレンジやグレープフルーツなど)およびそのジュース、赤ピーマン、緑ピーマン、キウイフルーツ。

• ビタミンCを含むその他の果物や野菜。ブロッコリー、イチゴ、カンタロープ・メロン、ベイクドポテト(焼いたじゃがいも)、トマトなど。

食品に含まれるビタミンCの量は、長期保存や調理によって減少することがあります。蒸し加熱や電子レンジの使用によって、調理による損失を減らせる場合があります。

◯せっかく摂っても吸収されない?

人は自分でビタミンCを作ることができませんが、光や熱に弱く、水に溶けやすい性質から、保存や調理、加工で多くが失われてしまいます。また、一度に大量に摂取しても約20%しか吸収されず2〜3時間で排泄されます。

せっかく摂取しているのに余剰分は排出されてしまいます。
こんな不効率な摂取を防ぐために、タイムリリース加工をされているサプリメントがおすすめです!!

これによりビタミンは目に見えないミクロのタイムリリース・カプセルに包まれて体の中に入ります。時間が経つとカプセルの外側から徐々に溶けだし、6〜8時間かけてゆっくりと吸収され、効果を持続させます。

◯結論、、、どの様に取るのがおすすめ?

たくさんビタミンCの効果や取り方のついてご紹介しましたが、
結論おすすめの摂り方は「サプリメント」です。

サプリメントで摂取してもすぐに流れ出てしまわない様に、1日の摂取回数や容量をしっかり守って摂取できれば一番理想的です。

もちろん当院はコロナウイルス対策も行っておりますのでご安心ください!

当院のコロナウイルス対策

上記をクリックでご確認いただけます。

こころ鍼灸整骨院

伊丹市北野1-78-2

電話 072-782-8873

下記のリンクor画像クリックでそれぞれのところに飛べるようになっています!

公式LINE(LINEでも予約できます。)

Instagram こころ整骨院の日常や耳寄り情報など載せています。

トップページ当院の情報がご覧いただけます。

Google 当院のクチコミもよろしければお願いいたします!

鍼灸コンパス鍼灸治療の情報